東洋大学にて講師。

本日は、東洋大学のライフデザイン学部にて、生徒指導論の講師としてお話しさせていただきました。

弊社会長の金田と、ちーちゃんとの3人での講義。

これから教師になろうと考えている大学生へ向けて、不登校当事者の目線で、不登校の時にどんな事を思っていたか、先生の言動がどう影響する可能性があるのか、など。。

  

  

  不登校など、問題と言われてしまうものには、環境からくる原因があるんだよ。
だから、表に出てきている問題に対して端的に受け取るのではなく、まず背景を考えてほしい。

表に出てくる問題の有る無しに関わらず、生徒に対しては、自分の価値観だけで判断しないでください。

そんな事をお伝え出来たらと、私たちなりにお話しさせていだきました。

ちーちゃんと私は講義を受け持つのは初めてで、緊張のあまり、ぷるぷる震えたり早口になってしまうなど、危うい部分もありましたが、最後は金田にまとめてもらい、なんとかお伝えすることが出来たかなと思います。

講義終了後に感想を書いていただいたレスポンスシートには、私たちの伝えたかった事を理解していただけている内容が書かれているものも多く、
伝える、という事の難しさを感じつつ、私自身とても勉強になりました。

   

  

呼んで頂いた、東洋大学の教授、内田とうこ先生。
いつも仲良くしてくださり、そして今回とても貴重な経験をする機会をくださり、ありがとうございました。

   

 

 

  

花里 まどか